伝説のマシン

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Alfa Romeo Tipo B(P3)

数々の逸話、伝説に彩られたアルファ ロメオの歴史上に燦然と輝く名車たち

 

 

1935年

ナチス政権下で行われたドイツGP

ヒトラーは国家掲揚のため、このGPにメルセデス・ベンツ、アウトウニオン(現アウディ等)の大排気量マシンを送り込み必勝体制で臨みます。

自国の勝利を信じて疑わないドイツ国民40万人超を前に、4〜5リッタークラスのドイツ勢に対し

3.2リッターのTipo Bを操るタツィオ・ヌヴォラーリはまさしく「鬼神」の走りを見せ、奇跡の大逆転勝利を収めたのです。

その際ドイツの主催者は表彰式に流す国家のレコードを自国分しか用意しておらず(!)
ヌヴォラーリ持参のイタリア国家レコードをかけてその場を凌いだという・・・

このような逸話がまたアルフィスタ(アルファロメオ・オーナー又はファン)の心を熱くさせるのでしょう。

 

PICO GARAGE では、このP3を以下のような形で販売中です。

【M4】AlfaRomeo 8C evolution P3 & 8C Spider(赤)1/43スケール ミニカー

同じ8気筒搭載車でも直列8気筒(4気筒ブロック×2)とV型8気筒の差はありますが、どちらにも「Cuore Sportivo」の血が流れているのはRosso Alfaなボディを見ればわかりますよね。

 

ただいま「Alfa Romeo 祭り」絶賛開催中!

よろしくお願い致します。

 

http://www.picogarage.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

「ジテンシャ」