Mercedes-Benzを語る上で

Mercedes-Benz 300SLというクルマを外すわけにはまいりません。

1954年・・・何と昭和29年!です。
日本ではまだまだ街頭テレビで力道山が活躍し、初代ゴジラが銀座を火の海にしていた頃

ニューヨークの国際オートショーですでにこんな素敵なクルマがデビューを飾っていたのです


直列6気筒 機械式燃料噴射装置付エンジン
そして
何といってもこの「ガルウイングドア」です

上記にて図らずも登場した力道山、石原裕次郎、カーマニアで有名だった夏木陽介の愛車だったのは有名な話です

現「AMG-GT」にその面影を見出す方も少なくないと思います

今回入荷したSchucoの1/43はもちろん、NOREVの1/64モデルもガルウイングドアが開閉します

真っ赤な内装がこれまたそそりますな

是非 貴方のコレクションに・・・

店舗ページはこちらから・・・
https://www.picogarage.jp/SHOP/MB30SL43SCOP.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

「安全安心」をモットーに